商いと暮らしの記録#19

2017/12/15

キャンプビルのプレゼン

今日は、融資を受けるための一歩として、
永田さんに紹介頂いた信用金庫へご挨拶に行きました。

わたしたちが一目惚れしたビル🏢

どうしたら借りれるか。
どうしたら運用できるのか。

初めてで右も左も分からないところから
大沢くんへの相談にのってもらい

ビルの名前は、
「キャンプビル」
でございます。

キャンプ というコンセプトにあるように、
自由な使い方に対応できる複数の貸フロアを考えました。

生活空間の要素である、キッチン、浴室、庭を 共有可能な貸出要素と読み替えます。

軽飲食、また雑貨販売を想定した1階のシェアキッチン。
浴室鏡が巨大化した空間が特徴の、2階のバススタジオ。
富士山の見える屋上テラスは、
キャンプするように、自由に考え方次第で多様に使えるプライベートテラス。

それぞれのフロアを貸出し運用することで
初期の改修費用、家賃を回収するスキームです。

家賃は条件付きの時価価格、3階は様々な想定の一つとしてプレゼンしました。

ドキドキして一通り説明を終えました。
興味を持って話を聞いてもらえた印象で、かなりほっとしました🏕✨

一度内容を読み込んで頂いて、後日フィードバックをいただく流れになりました。

Slide thumbnail