ニューヤンキーノタムロバ

京急線弘明寺駅から徒歩5分のビル4Fに位置し、以前は留学生のためのシェアハウスとして運営されていた空間を、「共創型コリビング」という新たなシェアハウス形式に生まれ変わらせるプロジェクト。
求められたのは、YADOKARI株式会社が名付けた「ニューヤンキー」と呼ぶ次世代の新しい文化を想像する若者が14人集まって住み、互いに刺激し合い生活しながら、ゼロイチで何かを創り出すエネルギーを包容する住空間である。
総面積400m2のうち、共用部が贅沢にも50%を占める。
限られた予算において、この広い共用部を彼らがクリエイティブに使いきり、化学反応を起こしていく空間の実現を考えた。
用いたのは、可動式の家具「エッグファニチャー」と、環境をつくる要素へ昇華させたサイングラフィックである

エッグファニチャーは、シェアハウス中央に位置し、複数の部屋を横断しつながりを作りだす。一方で家具はキャスター付きであるので、大きな共用部を思うがままに移動可能だ。
そして共用部に散りばめられた数多くのグラフィックは、日常生活の中に刺激をもたらすメッセージでありながら、家具の可動性を高めるサインとしての役割がある。
分散して個々に使い、集まって皆で使う。
舞台裏のように、未完成で雑多な集合体でつくられるこの場所で起こる、人やもの、情報などあらゆる物の「屯い」は、より複雑に関係し合って予想を超えた創造力をを
生み出してくれるだろう。

DATA

  • 竣工

    2022.01

  • 所在地

    神奈川県横浜市

  • クライアント

    YADOKARI株式会社

  • 用途

    シェアハウス

  • 設計期間

    2020.11-2021.06

  • 施工期間

    2021.07-2021.10

  • 延床面積

    422.77㎡

CREDIT

  • 企画・デザインディレクション

    YADOKARI株式会社

  • 施工

    コーケン株式会社

  • グラフィックデザイン及び施工

    峯山裕太郎

  • フォント制作

    佐藤秀悦

  • タイル施工

    横浜タイル工房(土屋忠宣)

  • 食器・キッチンツールセレクト

    廻り道

  • 写真

    倉本あかり

◀︎ BACK TO ALL WORKS LIST