水谷マンション309

日常の暮らしに感動体験を持ち込んだ、「洞窟」のある家。
「暗がりと明るみ」が共存する心地よさを。
窓のある3つの部屋に囲まれた真ん中に、窓のない「暗がり空間」を配置しました。

コロナ渦の中、家で働く時間が増えて、過ごす時間が増えて、出勤という環境を変えるきっかけがなくなると、家という空間がどこか単調に思える。改めて人間が生きていく「住処」の役割は何か思考を巡らせた。
最高に楽しい時間も落ち込んで悲しい時間も、なんてことない日常だって人生の時間の大切な一部。そんな日常の中の小さな感動を見過ごさない感性を養うような、刺激的な空間体験が必要ではないか。そこで、リビングのように機能で呼ばれる部屋は無くして、空っぽな暗い洞窟を挿入。どこで食べるか、どこで働くか、どこでリラックスするか、自分の感性を能動的に活性化する「環境」としての住処を目指した。

DATA

  • 竣工

    2021.05

  • 所在地

    神奈川県横浜市

  • クライアント

    株式会社泰有社

  • 用途

    住居(賃貸マンションリノベーション)

  • 設計期間

    2021.11-2021.03

  • 施工期間

    2021.04-2021.05

  • 延床面積

    60.62㎡

CREDIT

  • 施工

    シャンティアートワークス

  • 写真

    Syuheiinoue

  • 天板施工

    中村塗装工業所

  • 天板協働

    いすみ古材研究所

  • MovieDir

    YUJI KAMIYAMA

  • MovieSound

    DISK

◀︎ BACK TO ALL WORKS LIST